HOME > インテリアプランニングのブログ > 二つのテープ

二つのテープ

< 「エコポイント制度スタート」  |  一覧へ戻る  |  ようやく日本も高性能サッシの時代 >

テープというと、セロテープとかガムテープとかを想像されるのではないでしょうか。

いま、建築の、それも耐震という分野で注目すべき二つのテープが登場しています。

 

一つは、ビルや鉄道の高架などの柱に包帯(高延性材というそうです)を巻いて補強する

というもので、そのまんまですが包帯工法(正式にはSRF工法)といいます。

従来の方法でRC(鉄筋コンクリート)の既存ビルを耐震補強するには大変な費用とコスト

そして時間がかかりました。それが、耐震化が進まない理由といわれています。

 

この包帯を巻く方法では、ビルが完全に壊れないようにするというより、柱の中が壊れても

包帯のおかげで完全には壊れない(グシャっとつぶれない)ようにすることで、人命に被害が

出ない(避難する時間が稼げる)というところがミソのようです。

早い、安い、という点で、なかなか進まないビルなどの耐震化を促進する切り札となる

のではと期待されています。

 

もう一つは、制震テープ工法と言い、木造住宅の制震化を簡単に実現するテープです。

このテープの素材は粘弾性体という衝撃吸収材で、柱や梁(線材)と構造用合板(面材)の間に

挟むことで家全体をダンパー(衝撃吸収装置)にしてしまいます。

粘弾性体の特長は、これまで無かった種類の衝撃吸収性能で、ゴムなどのように衝撃を受けると

変形しその反動で跳ね返えるのではなく、衝撃を一瞬のうちに熱に変えて放出してしまうため、

衝撃を受けても跳ね返らないところにあります。(加えられた力が無くなると元の形に戻ります)

 

つまりこのテープを住宅の骨格と外皮の間に大量に挟み込むことで、地震のエネルギーを空中に

逃がしてしまいますから、建物へのダメージは大変小さくなるというわけです。

 

このテープも、包帯工法同様、従来の耐震改修工法に比べて格段に安く早くできることが最大の特長

といえるでしょう。

 

東海地震や東南海地震、平成の関東大地震などいつ起きてもおかしくないのですから、この二つの

テープのような手軽で安価な技術がもっと認知され、行政の積極的な応援が得られて、耐震化率が

グンと加速して上がるといいなと思っています。

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 二つのテープ

< 「エコポイント制度スタート」  |  一覧へ戻る  |  ようやく日本も高性能サッシの時代 >

このページのトップへ